社会福祉法人 となかいま研究会は、幼保連携型認定こども園 本妙寺こども園(熊本市)とあいあい保育園(合志市)を運営しています。

保健と健康管理

病気について気を付けるポイント

感染症・伝染病について

  • 集団生活ですので、他の園児に感染しないように心がけ、感染の疑いのある時は必ず病院で診察を受け、完治後登園下さい。
    その際「医師の意見書」の提出をお願いします。

*ページ下部の表「医師の意見書」の必要な感染症をご確認下さい。

子どもの様子

  • 登園前には子どもの体調をよく見ましょう。
    朝ぐずる、泣く、食欲がない、顔色が悪い、疲れやすい、眠れない、咳、鼻水など、不調に気づいた時は、早めに受診をし、家庭で安静にしておくだけでも治ることもあります。また、受診することで、他の子への感染を防ぐことになります。
  • 登園後の発熱については、おおよそ37.5℃(平熱によって違います)を目安にし、食欲、機嫌、元気、咳など、子どもの様子を見て連絡します。熱がなくても、機嫌が悪い、元気がない、嘔吐、下痢がひどいなどの症状が見られた場合も連絡します。

子どもの変化について

  • 前日の夜や登園前の様子がいつもと違うと感じられた場合は、必ず登園時に職員に口頭でお伝え下さい。
    (食欲、機嫌、便、咳、熱、怪我、通院、投薬、睡眠、予防注射等)

予防注射について

  • 受けることができる予防接種は、計画的に体調の良い時に受けましょう。
    特にはしかは感染力が強く、合併症が恐い病気です。また、園庭など自然の中で遊びますので三種混合も早めに受けて破傷風を予防して下さい。
  • 予防接種を受けた後の登園は控えられ、ご自宅でゆっくり休んでください。
    副作用が出ないかといった観察も必要です。(午前中登園し、予防接種の予約を午後からという方法もあります。)

虫歯について

  • 虫歯の罹患率が、ここ数年とても高くなっています。歯が生え始めたら、歯磨きをお願いします。仕上げ磨きは必ず大人の方にお願いします。保育園でも、3・4・5歳児は個人用コップと歯ブラシで、毎日歯磨きを行ないます。
  • 平成25年度より、フッ素洗口を食後行っています。
    (4,5歳児 同意者のみ)

お薬について

  • 原則として、保育園での与薬は行っておりませんので、その旨を医師に伝えて下さい。
    時間の間隔を決めて飲む薬は、抗生剤の場合が多く、体への負担も大きいため、安静に過ごすことが大切です。
    園での服用が必要との指示が出た場合は、相談ください。

 
【園での服用が必要な場合、以下の内容を考慮下さい。】

  • 保護者が園に来られ、薬を服用させることが可能な場合は、保護者が子どもに直接飲ませて下さい。
  • 朝・夜2回の処方をしてもらえるのか、医師に相談下さい。
  • どうしても1日3回、必ず服用しなければならない場合、時間をずらして服用出来るか医師に相談下さい。(例:登園時・降園時・就寝前の3回)

 
【やむを得ず薬を持参される場合は、以下のことを厳守下さい。】

  • 園より「お薬依頼・連絡票」を受け取り、必要事項記入後、園長または主任に手渡し下さい。
  • 医療機関の処方に基づいたものであること。保護者の判断による薬、市販の薬は預かりません。
  • 1回分を持参下さい。水薬は、小さな容器に移して下さい。
    薬が入っている袋・容器には、必ず名前を書いて下さい。
  • 解熱剤・座薬・鎮痛剤は、お預かりしません。
  • 日焼け止め・虫除け・ローションなども、市販のものは預かりません。
  • 長期間の服用が必要な薬は、相談下さい。
  • 吸入などの医療行為は、園では実施出来ません。

病後の登園について

友だちと遊んでも大丈夫?

病気やケガの後は、医師に集団生活の是非を確認し登園下さい。

病後は安静に過ごしましょう。

「熱があった」「嘔吐した」など、いつもと違った様子が見られた時は、無理に登園せず、家庭で様子を見ましょう。
子どもは、自分の体調を言葉でなかなかうまく伝えられません。子どもの体調を優先し、十分な休養を取ることが、病気を長引かせない秘訣です。

表 「医師の意見書」が 必要な感染症

園児が特定の感染症等に感染した場合には、感染症対応マニュアル及び主冶医の指示等により、本園において登園時期を検討します。なお、回復後の再登園の際には「医師の意見書」の提出が必要となります。

-参考:保育園におけるアレルギー対応ガイドライン(厚生労働省)

感染症名 出席停止の期間基準
インフルエンザ 発症した後5日経過し、かつ解熱した後2日経過するまで(乳幼児にあっては、3日経過するまで)
百日咳 特有の咳が消失していること又は適正な抗菌性物質製薬による5日間の治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
三日はしか(風疹) 発疹が消失するまで
水ぼうそう(水痘) すべての発疹がかさぶたになるまで
流行性角結膜炎 結膜炎の症状が消失するまで
結核
急性出血性結膜炎
腸管出血性大腸菌感染症(O157等)
侵襲性髄膜炎菌感染症
医師により感染の恐れがないと認められるまで
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) 耳下腺の腫脹が発現してから5日経過し、かつ全身症状が良好になるまで
プール熱(咽頭結膜熱) 発熱、充血等の主要症状が消失した後2日を経過するまで
ヘルパンギーナ
手足口病
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれるまで
りんご病(伝染性紅斑) 全身状態が良くなるまで
溶連菌感染症 抗菌薬内服後24~48時間が経過するまで
マイコプラズマ肺炎 発熱や激しい咳が治まるまで
ウイルス性胃腸炎(感染性胃腸炎)
(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス等)
嘔吐、下痢の症状が治まり、普段の食事がとれるまで
帯状疱しん すべての発疹がかさぶたになるまで
RSウイルス感染症 呼吸器症状が消失し全身状態が良くなるまで
突発性発しん 解熱し機嫌が良く全身状態が良くなるまで